使い方

01. LINE 友だち登録

以下のQRコードを読み込み、LINEアカウントを友だちに追加します。
QR_Release

02. デバイスの登録

  1. メニューの「登録」ボタンを押し、デバイスの登録を開始します。
    02-01

  2. LPWAN Loggerに対し、対象のデバイスのDevEUIをテキストメッセージで送ってください。

キーボード呼び出し DevEUI入力
02-02-01 02-02-02
  1. 応答メッセージのDevEUIを確認し、よろしければ「はい」を押してください。
    間違っている場合、「いいえ」を押し、2からやり直してください。
    02-03

  2. 出力先のGoogleスプレッドシートのURLをテキストメッセージで送ってください。

キーボード呼び出し URL入力
02-04-01 02-04-02
  1. 応答メッセージのURLを確認し、よろしければ「はい」を押してください。
    間違っている場合、「いいえ」を押し、4からやり直してください。
    02-05

  2. 「はい」を押し、デバイスの登録を完了します。

03. The Things Networkの設定

  1. The Things Stack の Applicationsより、登録したデバイスのアプリケーションを選択します。
  2. Integrations → Webhooks と進み、「+ Add webhook」を選択します。
  3. 「Custom webhook」を選択します。
  4. 以下のように設定を行います。

    • Webhook ID:任意
    • Webhook format:JSON
    • Base URL:https://webhook.lpwanlogger.elspina.space/
    • Enabled messages
      Uplink message: チェックを入れ、テキストボックスに「/lpwan/data」。

    ttn_integration

04. Google Spreadsheetの設定

  1. Google Drive の任意の場所に、スプレッドシートを作成します。
    04-01
    2.作成したスプレッドシートの共有設定を開きます。
    04-02
    3.共有の設定を「制限付き」から、「リンクを知っている全員」に変更します。
    04-03
    4.「閲覧者」から「編集者」に変更します。
    04-04
    5,「完了」を押し、設定を変更します。
    04-05
    6.自動的に登録したデバイスのDevEUIでシートが作成され、データが記録されます。
    04-06